はまゆう ゆうゆうさんぽ🌸

こんにちは。(o^―^o) 訪問看護ステーションはまゆうです。

段々と寒くなりつつありますが、昼間の気温が高い日もあり、

寒暖差が激しい時期ですね。

今回は、寒暖差が激しい日の体調管理について紹介します。

1.  免疫力を高める

①栄養摂取:ビタミンとミネラルが豊富な食品を摂取する。

②水分摂取:十分な水分摂取を行うことで、粘膜を湿らせ、ウイルスや細菌から

保護する。カフェイン入りの飲料は脱水を引き起こす可能性が

あるので注意する。

③十分な睡眠:免疫力を維持するために、一定時間に寝起きし、7~8時間の

睡眠をとることが望ましい。

④ストレス管理:適切な運動や瞑想、趣味活動などを通じてストレスを管理する。

2.  温度変化への対応

①適切な服装:重ね着をして、体温調節を柔軟にできるようにする。

②室内の温度調節:室内温度18~22度、湿度50~60%を維持するのが快適。

③温熱疾患の予防:十分な休息に加え、無理な身体活動は避ける。

④体温維持:体温が急激に下がらないようにする。

3.  呼吸器疾患の予防

①個人衛生管理:手洗いと咳エチケットが呼吸器疾患を予防する基本的ルール。

②換気:空気中の細菌やウイルスの濃度を下げる。

③保温および保湿:ショールやマスクを着用して首や花を保護する。

暖房による乾燥を防ぐために加湿器を使用する。

④予防接種:インフルエンザなどの季節性疾患に備えて予防接種を積極的に

検討する。

4.  身体活動の調節

①天候に合わせた運動計画:身体活動は健康を維持するために不可欠だが、天候に

合わせて行う。

②筋肉の準備運動:筋肉や関節の損傷を防ぐために、運動前に十分なストレッチと

準備運動を行う。

③無理な運動禁止:体温調節能力が低下する可能性があるので、過激な運動や長時間の

運動は避ける。汗をたくさんかいた後は、体温が急激に下がること

があるので着替えをする。

④全身の血行促進:軽い散歩やストレッチなどで血行が良くなるようにする。

手足の冷えを予防する。

寒暖差に対応した健康的な生活習慣を構築し、生活の質を高めたいですね。!(^^)!

お電話・メールでのお問合せ

  • 代表電話番号 : 0957-86-2200
  • メールでのお問い合わせは下記フォームからお願いします。




    お問合せ先を選んでチェックを入れてください *